女性に多いPMS症状の悩み|対策法を知って改善させよう

生理前に起こる症状

女性

情緒不安定な症状

pmsは女性が月に1度起こる生理になる前に現れる症状で、その症状の種類は200ほどあると考えられており、人によって現れる症状もさまざまで「これだ」という一定したものはありません。しかし多くの女性が現れる症状では、情緒不安定な状態となることがあります。たとえばイライラしたり不安を感じて嘆いてしまったり、普段明るい性格が急に思い切り落ち込んだかのように暗い性格となってしまったり、意味なく涙と流して泣いてしまったりするなどのような状態となることが多々あるのです。そしてその症状がpmsだと本人も自覚することは少ないため、自分でもなぜそのような感情が現れてくるのかよく分からないことも多いでしょう。pmsのことが知られてくるようになって来た世の中、生理前に悪い状態となればそれはpmsだということをこれからは周囲も理解するのが大事です。

豆乳が効果的です

pmsの症状は徐々に知られてくるようになってきてはいますが、まだまだ原因がよくわかっていないものでもあるのです。精神的な症状だけでなく、ほかにも体がむくんだり重だるく感じたり頭痛がいたりするなど身体的な症状も現れることがあります。まだ推測ではありますがその原因は女性ホルモンのバランスの乱れから起こるのではないかと考えられ、女性ホルモンのバランスを整えるよう呼びかけられていたりします。女性ホルモンのバランスを整えるには、豆乳が大きな力を発揮するでしょう。生理前に豆乳を飲むことで、豆乳に含まれるイソフラボンが女性ホルモンの1種であるエストロゲンと似た働きを行なってくれます。イソフラボンの摂取で女性ホルモンのバランスは安定するため、pmsの症状は改善されていきます。